image

    1: メンタリズム速報 2020/09/08(火) 10:25:03.31 ID:9v+QExfm0
    俺今その状態なんだけど…
    口座残高0で今月の支払いできない

    【【悲報】借金膨れ上がって人生詰んだ奴いる?】の続きを読む

    image

    1: メンタリズム速報 2020/09/09(水) 03:03:46.90 ID:kTZQydPf9
    社会保険制度に非加入の人が少なくない

    高齢者は現役で働いているときに稼いだ賃金・所得の一部を年金保険料として拠出したものを財源として、引退後の年金給付で生活している。

    働いている人の全員が年金、医療、介護、失業などの社会保険制度に加入しているのを「皆保険の国」と称する。日本は国民全員がこれら社会保険制度に加入しているので、「皆保険の国」と信じられてきたし、政府もそれを誇りにしてきたが、実際はそうではない。
    現代の中年層は失業している人、特にパートなどの非正規で働いている人が多く、社会保険制度に加入したくとも加入できない人が相当数いる。こういう人は皆保険の枠外にいる。さらに、正規労働者であっても賃金の低下があって、十分に保険料が払えない人もいる。

    厚生年金制度には企業で働いているすべての労働者が加入しているのが建前であるが、現実は必ずしもそうでない。法律は法人事業所と従業員五人以上の個人事業主に加入義務を課しているが、実際には加入していない事業主が存在しているのである。加入逃れは厚生労働省によると2016(平成28)年で79万社あるとされている。


    https://toyokeizai.net/articles/-/373398
    今の30~40代非正規を待つ「極貧」老後の超不安
    年金保険料を十分に払えず給付が期待できない
    2020/09/08 8:20


    関連記事)
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/275558
    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字 2020/07/05

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/39702
    年金運用赤字、4半期最大の17・7兆円 1~3月期 コロナ株安が直撃 2020年7月4日

    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-04-26/2020042603_04_0.html
    なんだっけ GPIFって? 2020年4月26日(日)

    https://www.news-postseven.com/archives/20170823_606792.html?DETAIL
    一億総活躍社会の真意は“高齢者が働いて社会保障支えよ” 2017.08.23

    以上
    ※前スレ
    [ウラヌス★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599566558/

    【【年金保険料】今の30~40代非正規を待つ「極貧」老後の超不安(東洋経済)】の続きを読む

    image

    1: メンタリズム速報 2020/09/08(火) 12:56:05.59 ID:d1UqD4Wv9
    新型コロナウイルスの後遺症を訴える報告が相次いでいる。退院後も学校や職場に復帰できずに苦しみ、治療法も見当たらない。いわれのない誹謗中傷を浴び、絶望の淵にいる患者が本誌に“コロナの恐怖”を語った。私たちはまだ、コロナについて何もわかっていない。

    「くたばれ」「死ね」

     首都圏に住む男子高校生、斉藤忍さん(仮名)のツイッターアカウントには、罵倒の言葉が日々投げつけられている。何も悪いことはしておらず、学校でいじめを受けているわけでもない。理由はただ一つ──。今年4月、新型コロナウイルスに感染したことだ。

     斉藤さんは、感染してから1週間ほど高熱で苦しみ、入院やホテルでの隔離生活を余儀なくされた。5月にPCR検査で「陰性」とわかったため、自宅に戻ることができた。だが、症状は一進一退の繰り返し。激しい頭痛や倦怠感、のどの痛み、関節痛などに今でも苦しんでいる。いわゆる「コロナ後遺症」だ。

     学校にも、いまだ通うことができない。「症状がひどいときは、ずっと横になって寝ています。携帯電話を持つこともできない」と話す。

     体調が良い日は散歩をするものの、10分ほどが限度。自宅から約4キロ離れた病院へ行くにも、タクシーを使わないと通うことができない。

     斉藤さんを支える家族の負担も重い。コロナは指定感染症であるため、検査費や入院費は無料だが、退院後の再入院や通院、薬剤費はすべて自費負担だ。母親が振り返る。

    「タクシーだけで毎回往復5千円かかります。そのほかにも、効果がありそうなサプリメントや漢方を試したこともありました。すでに総額で20万円以上かかっています」

     ツイッターで罵倒されるようになったのは、斉藤さんが自ら経験したコロナ後遺症の深刻さについてインターネットで発信を始めてからだ。

    「『若い人のほとんどはコロナで重症化しない』という話が多いので、『実際はそうじゃないよ』ということを伝えたかった。それが『仮病だ』とも言われて……。僕の存在は何なのでしょうか」

    ネット上で批判をしてくる人は、コロナ禍での経済活動自粛に反対する人が多いという。自粛反対派のYouTuberから対談を求められたこともあったが、「アクセス数を増やして広告料を稼ぎたいのでしょうが、切り取って編集されるのがイヤなので断りました」(斉藤さん)。

     誹謗中傷のアカウントをブロックし始めると、その数は今や1千アカウントを超えた。

     病院で検査を受けても「異常なし」で、処方されるのは解熱剤や鎮痛剤だけ。感染から5カ月経って回復の兆しは少しだけ見えてきたが、母親は「完治できるのか不安」と途方に暮れている。

     コロナ後遺症については、すでに海外で報告が相次いでいる。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c90f4583d215afaa696376773b2d3427144350dc
    no title

    【【誹謗中傷】コロナ感染の男子高生に批判殺到 患者の苦しみと後遺症のリアル】の続きを読む

    このページのトップヘ