1: メンタリズム速報 2020/09/16(水) 11:46:43.23 ID:LF5Uaqe39
    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202009/0013699677.shtml

    11歳の長女を虐待したとして、兵庫県警垂水署は16日、暴行と傷害の疑いで
    神戸市垂水区の塗装業の男(34)を逮捕した。

    逮捕容疑は今年8月4日午後10時50分ごろから同5日午前1時ごろ、
    同区内の自宅で、長女の髪の毛をバリカンで切ったほか、8月上旬ごろ、
    長女の顔を蹴るなどの暴行を加え、全治約1カ月のけがを負わせた疑い。

    【【虐待】11歳娘の髪をバリカンで切り、顔面に蹴りを入れた34歳塗装業の父親を逮捕。神戸市】の続きを読む

    1: メンタリズム速報 2020/09/16(水) 10:10:06.20 ID:Jg+jzCOj9
     高松市内で女児2人が乗用車に長時間放置されて死亡した事件で、香川県警に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の無職竹内麻理亜まりあ容疑者(26)(高松市川島東町)が、車の窓にサンシェード(日よけ)を付けて外から子どもの姿が見えないようにしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。車を離れた際の状況についても「エンジンを切り、窓も閉めていた」と供述を始めており、県警が裏付け捜査を進めている。

     竹内容疑者は2日午後9時頃~3日午後0時40分頃、同市内の駐車場に止めた乗用車に、長女の真友理まゆりちゃん(6)と次女の友理恵ゆりえちゃん(3)を放置し、死亡させたとして逮捕された。死因は熱中症とみられる。

     県警は車内からサンシェードを押収しており、捜査関係者によると、竹内容疑者は「外から子どもの姿が見えないように付けた」と供述。駐車していたコインパーキングでは、人目につかないように、通りから離れた奥側の区画に駐車したという趣旨の説明もしているという。

     逮捕当初、竹内容疑者は「エンジンをかけ、エアコンをつけたまま車を離れたが、戻ってみると止まっていた」などと供述していたが、捜査関係者によると、その後、エンジンを切っていたことを認めたという。過去にも姉妹を車に残したまま、飲食店で飲酒していたといい、「エンジンをかけたまま飲みに行ったことは一度もない」と説明。県警は車内放置が常態化していたとみて調べている。

     県警は14日夜~15日昼、押収した竹内容疑者の車を使って屋外で車内温度の再現実験を実施。当時の車内温度を推定し、姉妹が死亡に至った経緯を解明する。

    2020/09/16 09:46
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20200916-OYT1T50177/

    【【車内放置死】26歳母親、車の窓に日よけを付け 女児2人を隠す】の続きを読む

    1: メンタリズム速報 2020/09/16(水) 11:41:14.97 ID:CAP_USER9
    9/16(水) 11:38
    SmartFLASH

    GACKT、26歳から1日1食「サプリとプロテインで空腹なし」
    Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
     GACKTが、9月13日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)で食生活を語った。

     厳しいトレーニングで体脂肪率8%を維持しているGACKT。体内の毒素を抜くために断食をおこない、20日間、酵素水だけで過ごすこともあるという。取材時は「普通の食事に戻している最中なので、野菜だけ。おかずが野菜で主食も野菜」と告白。

     この日のメニューは、鍋にマイタケなどきのこ類と豆腐、ニラ、春菊などを入れたもので、味付けは、ココナッツ由来のMCTオイル、塩とシンプルな味付けだった。

     そこまでストイックになることに、GACKTは「ライブを見てくれたらわかるけど、たぶん47歳で僕ほどパフォーマンスできる人間はいないと思う」と音楽活動のためだと明かす。

    「ファンが来てよかったと思えるために、自分が存在している。やりたいときにやれるだけの体をキープしてるから、いつでもやれる。体がダメになったら人生終わるからさ」

     また、GACKTは食事について「26歳から1日1食」と明かし、サプリとプロテインは摂取しているが、「お腹が空く感覚がない」と話していた。

     とことん自分を追い込む理由として、「ライブをやるとき、(仲間に)キツいことも言わなきゃいけない。自分が一番キツい状態で仕事に向き合う姿勢を作ってから、みんなの一番前を走れる状態に持っていっている」とリーダーとしての矜持を説明。

     ダンサーのMADOKAはGACKTについて「ダンサーは『バックダンサー』ってよく言われるけど、兄さん(GACKT)は1回も言ったことない。アーティストとして認めてくれている」と敬意を語った。

     1日最低でも3時間は鍛えているGACKT。常に自分をアップデートさせているのだ。

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/82853b95bd6a8488918c6ad8cee683bc0430895a

    【【テレビ】GACKT、26歳から1日1食の生活】の続きを読む

    このページのトップヘ